朝は資格に生き、昼は資格に生き、夜は資格に眠る。
ホーム > 医療 > メニエール病の症状は多種多様

メニエール病の症状は多種多様

発症する人の特性は何事もきっちりとした性格でやせ型に多く、頭や気の使いすぎにより発症しやすくなります。また、アレルギーや血流不全、ウィルスや免疫力の低下、ストレスも一因になっています。

一般的に世間ではストレスにより若い女性にめまいが出る病気として知られていますが、男盛りの年代や高齢者にもいずれも数多い病気です。内耳の蝸牛の中に水がたまると耳鳴りや難聴、三半規管や耳石器にたまると、めまいが起こります。全てに水がたまっている場合も少なくありません。

症状がひどい時には吐き気・嘔吐・動悸などの諸症状が同時に多発します。

 

 

これらが発症する頻度は多種多様で日々、症状に悩まされる方もいれば、365日のうちの数日しか症状が出ない方もいます。

 

 

 

メニエール病ではムカムカやひどいめまいが生じ聞こえ方にも影響があるので、音もよく聞こえなくなりライスネル膜が本来の状態に戻るとめまいも消失していきます。

 

 

 

発作の継続時間は個々に違いますが30分~数時間の間のケースがよくみられます。水分をおぎなわないでおきる脱水やストレスは抗利尿ホルモンにも関係があり分泌を増加させるということは以前から常々いわれていました。その症状を減らすのは水分をたっぷりとりストレスを元からなくし排尿に関わる抗利尿ホルモンの減少させ中耳炎になりやすい内耳に水がたまりにくくなり内耳内にある血液循環をよくして流れがよくなると言われて考案されたのが、水分摂取療法という治療法です。

 

 

 

メニエール病は薬で治すのが基本ですが、嘔吐しやすく、薬を飲むことが困難な場合には、点滴を使用し症状が収まってから、治療は薬の服用へと移行します。しかしながら、メニエール病はストレスや睡眠不足による早い回復を期待するのであれば規則正しい生活が肝要になります。メニエール病のサプリメントおすすめランキング