朝は資格に生き、昼は資格に生き、夜は資格に眠る。
ホーム > 医療 > 糖尿病の改善には食事の仕方を変えるのが効果的です

糖尿病の改善には食事の仕方を変えるのが効果的です

今や国民病とも言える糖尿病。

職場の健康診断などで糖尿病、もしくは予備軍であることを指摘され、何から気を付けていけば良いのか困り果てる場合も多いのではないでしょうか。

ここ最近、めざましい医療の進歩によって糖尿病改善に大きな効果を発揮する治療薬が次々と生まれていますが、出来れば薬になるべく頼らずに病状をコントロールしていきたいものです。

そこで重要なのが食事です。糖尿病を改善する食事と言うと、カロリーを抑えた野菜中心の献立を想像しがちですが、今の糖尿病治療の主軸は「カロリーコントロール」よりも「血糖値コントロール」に重きを置いています。

つまり、血糖値を上げるとされている炭水化物やスイーツなどの「糖質」を控えることが重要であり、肉や魚、油脂はふつうに食べても良いというのが今の主流です。

とはいえ全く炭水化物を食べないのも健康を害してしまいます。そこで「食べる順番」に気を付けてみましょう。

最初に野菜、次に肉や魚などのたんぱく質、最後にご飯などの炭水化物を自分の体調を適した量を食べるようにすれば、血糖値を上昇を最小限に抑えることが可能です。

血糖値を上手にコントロールし、好きなものを食べる喜びを味わいながら糖尿病の改善をしていきましょう。血糖値を下げるサプリ情報こちら