朝は資格に生き、昼は資格に生き、夜は資格に眠る。
ホーム > オリゴ糖 > 乳酸菌とオリゴ糖の相性が良すぎる件

乳酸菌とオリゴ糖の相性が良すぎる件

乳酸菌の含まれる食べ物といえば、ヨーグルトが有名ですね。

 

スーパーに並んでいるヨーグルトのパッケージを見てみると、「○○乳酸菌」というように、乳酸菌の種類を表示してあるものも多く見かけます。

 

このように乳酸菌を直接に体内に取り入れることは、プロバイオティクスといわれます。

 

一方で、オリゴ糖のように元々体内に存在する乳酸菌を活発にさせて増やすことは、プレバイオティクスといわれます。

 

2つのアプローチは違うものの、乳酸菌を活発にして腸内環境を理想に近づけるという目的は同じものです。

 

そこで、どちらかではなく両方をあわせて取り入れるという発想もあり、これはシンバイオティクスと呼ばれます。

 

このシンバイオティクスを簡単に実行できるのが、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べるということです。

 

この方法によって乳酸菌の健康効果を何倍にも高めることができるわけというです。

 

乳酸菌だけを取り入れても、それなりの量を摂取しなければなかなか効果を実感するにはいたらなかったり、せっかくとり入れたものも定着しにくくて、体外へと排出されてしまうことになります。

 

でも、オリゴ糖の力をかりるなら、体内に取り入れた乳酸菌を活発にし、定着しやすくすることが可能になります。

 

せっかくのヨーグルト習慣なら、より健康効果を高めるのにオリゴ糖を活用してはいかがでしょうか。オリゴ糖 液体 粉末